ドリップコーヒーについて

ドリップコーヒーのドリップには、しずくやしたたりといった意味があります。

濾過方式で作るコーヒーの抽出法は、点滴のようなしたたるように抽出されることで、ドリップコーヒーと言われるようになりました。

フィルターやドリッパーにはさまざまな種類があります。

フィルターは大きく分けると紙と布と金属の3つになります。

そのなかでも紙は昔からある抽出法で歴史も古いです。

利便性も他の方法と比べて高く、現在の日本ではもっとも普及しています。

コーヒーの美味しさを重視する人には布を使ったドリップ方式がおすすめです。
他の方法と比べて少し管理が難しいですが、コーヒーの味を純粋に楽しむことが出来ます。
そして金属は歴史が浅いですが、特徴としてはコーヒーから出るエキスがストレートに味わえます。

ドリップコーヒーならこちらが人気です。

こういったようにそれぞれに特徴があるので、自分の好みに合わせて選ぶことが出来ます。
コーヒーの作り方には色々なやり方がありますが、有名なものではドリップコーヒーのほかにインスタントコーヒーがあります。

エキサイトニュースについて説明致します。

インスタントコーヒーは手軽に作ることが出来てコストもそれほどかかりませんが、香りが少なくて本格的なものに比べると味が劣ることがあります。



それに比べてドリップコーヒーは、抽出に少し手間取ったりすることがありますが、本格的で香りがとても芳醇なので非常に満足度が高いです。

カロリーもドリップコーヒーなら100グラムで4キロカロリーほどなので、ダイエット中の人でも気軽に飲むことが出来ます。